【StartupWeekend鳥取 参加者blog③】
~行動・発見・白熱の3日間~

5月3日(木)~5日(土)の三日間、鳥取初となる【Startup Weekend 鳥取@隼lab】が開催され、私たちダンデライオンメンバーも5名参加しました。

Startup Weekend(スタートアップウイークエンド)とは週末の54時間で起業家を体験できる熱狂的なイベントであり、起業家の出発点です。
発祥は2007年、アメリカのシアトル。その後、急速に世界中へ広まりました。これまで世界150カ国以上、1,200都市以上にて4,500回以上開催され、なんと23,000以上のスタートアップがここから生まれました。全世界で36万人以上が既に体験しています。

プロジェクトの内容と終了後にFacebookに投稿した生の声を5回シリーズでお届けします。

第3回目は尾﨑弘子
気高(けたか)町を気高(けだか)い町と言い間違えて始まったチーム「Blue Noble」
提案は「気高町の温泉が捨てられている問題」として気高の調査に行きました。
でも実は、「温泉は自然のものだから流れるのは当たり前」「観光客が減ったのが問題」と違う問題が飛び出してきました!
そこで方向転換!
気高町を活性化させるビジネス「海でのサーフィン体験と夜の宿泊をセットにしたサービス」としてミーティングを重ねました!

【Facebook投稿】

3日間の目標は「CEOになって気高町にアイデアを持ち帰る」でした。
目標は達成できました!

それも全てよい仲間に恵まれたということ。
私はCEOって感じではなかったけど、優秀な仲間に恵まれ、
急にも関わらず、親身に答えてくださった気高町の方々、
そして、偶然にも関わらず質問に答えてくださったサーファーの方々、
アンケートにお答えくださった62名の方々。
皆さまがいたから最後まで完走できたのだと感じております。

そしてこのStartupWeakend鳥取を主催してくださった方々、
機会をくださってありがとうございます!
2日目から会場におらずご心配をおかけいたしました。

本当に本当に感謝しかありません!
ありがとうございました!

そして、本日は気高町のお世話になった方にお礼に行きました。
私たちの提案も1つのアイデアとして感じていただければと思います。