【StartupWeekend鳥取 参加者blog①】
~ビールが好き!その想いだけで駆け抜けた3日間~

5月3日(木)~5日(土)の三日間、鳥取初となる【Startup Weekend 鳥取@隼lab】が開催され、私たちダンデライオンメンバーも5名参加しました。

Startup Weekend(スタートアップウイークエンド)とは週末の54時間で起業家を体験できる熱狂的なイベントであり、起業家の出発点です。
発祥は2007年、アメリカのシアトル。その後、急速に世界中へ広まりました。これまで世界150カ国以上、1,200都市以上にて4,500回以上開催され、なんと23,000以上のスタートアップがここから生まれました。全世界で36万人以上が既に体験しています。

プロジェクトの内容と終了後にFacebookに投稿した生の声を5回シリーズでお届けします。

第1回目は長谷川千晶
ビールが好き、その想いだけで3日間駆け抜けました。
提案したのは「今日は車だから飲めない」と泣く泣く飲酒を我慢しているお酒好きの悩み解決!
高いタクシー代や代行代を節約するために、相乗りしたい人が集うbarや居酒屋を作ったらどうかと提案。
デジタルヒッチハイク相乗り」を提案していた参加者かじ~くんとタッグを組むことに!
メンバーを勧誘し、素晴らしいメンバーを獲得!
まずは居酒屋ミーティングからスタートしました (笑)

【Facebook投稿】

無事終わりました。
期間中、アンケートにご協力くださったみなさんありがとうございました。
残念ながら2位という結果になりましたが、54時間という限られた時間でチーム一体となりアイデアをカタチにし、ビジネスプランを作り上げることとができました。

参加に当たって目標のひとつとしていたことは「CEO」になること!
しかし、CEOになって気が付いたのは「一人では何もできない」ということ。
アイデアを出し、賛同してくれるメンバーを集め、ビジネスプランを作り上げ、プレゼンし、投資を募ること。
わずか54時間に起業のプロセスが凝縮されていました。

そして2位という結果は「まだまだプランが甘い、投資できない」という投資家からの答えだと思っています。

ビジネスを始める「難しさ」と「楽しさ」を同時に味わえた忘れられない三日間になりました!

メンバーのみんな本当にありがとう!
課題にぶつかっても諦めることなく楽しく前に進めたのはこのメンバーだったからだと感謝してます!

そして運営の皆さん、他の参加者のみなさん、楽しい時間をありがとうございました!