インターネット販売用の「美味しい写真」はスマホ撮影でOK!

インターネット上のお店で使う写真は、スマホで撮った写真でも十分に使えます。
たった3つのポイントを知ってやってみよう!

写真のシズル感で売れる??

インターネットで食べ物を売りたいとき、「写真はシズル感が大事なんだよ。」と聞いたことはありませんか?

シズル感とは、例えばお肉を販売するインターネットのお店だったら、
「お肉がじゅッと焼けて、肉汁がドバっと流れる」様子がわかる写真です。
つまり、お客様の購買意欲を掻き立てるような状況を表した言葉です。

食べ物に限らず、お花屋さんならお花が美しい…飾りたいと感じる写真です。

今回ダンデライオンでは、スマホ写真講座として、花工房あげたけ の根鈴さま にお越しいただき、シズル感の写真が撮れるようにレクチャーを受けました。

シズル感の撮れる写真は3つのポイントを抑えるだけ!

ポイント1 構図

グリット線

スマホカメラに搭載された、グリットを使用します。
グリット設定の出し方 iPhone
あまり使ったことがなかったのですが、このグリットを使用して、ある個所を意識します。
このグリット線の交差する箇所に、魅せたいモノの中心を置くだけでカッコイイ構図が決まります。余白とのバランスも心理的に美しいものになります。

グリットを意識した構図

え?それ本当なの?感覚で言ってるのと思うかもしれないですが、実例として、地元の巨匠、植田正治 の写真を思い出してみてください。このグリットに沿った構図が見られると思います。

素人あるある

しろうとあるあるとして…このグリットのど真ん中に、魅せたいものを配置する構図をとってしまいます。日の丸弁当のようになっちゃいますね。

ポイント2 光

光の方向も重要です。
今回は斜め後ろからの光で魅せたいものがよりきれいに引き立つそうです。

斜め逆光

逆光はNGとされていますが、このななめ後ろからの逆光は、魅せたいものを自然な光の中で、立体的に魅せることができるのです。
また、最近のスマホカメラは、逆光でも自動調整してくれるので、恐れずやってみましょう!

ポイント3 アプリ

やっぱり、簡単にキレイに美味しく魅せるには、アプリの力も必要です。
インスタグラムでも様々なフィルターがありますが、そこでも色々調整ができます。
しかし、今回食べ物に特化するなら、フーディー がおススメです。

左普通写真右フーディ写真

食べ物をきれいに魅せる30種類のフィルターがあり、食材に合わせたフィルターが見つかるかも??

気を付けたいこと

写真は引きで撮る。

これは、フィルターやトリミングなどで、周りをカットすることがあり、引きで撮った方が調整がしやすいからです。

ズームは使わない

ズーム機能はどうしても、画像が荒れてしまいます。ズームを使わず撮りましょう!

以上。教えていただいた事を生かして、インターネットショップサイトをより魅力的になるようにがんばりたいと思います!